忍者ブログ
成功するためのSEO対策コラム☆アクセスアップで成功するための情報を記載します。

5つのポイント
被リンク
発リンク
ページ数
キーワード
ソーシャル評価


被リンク数について。


ポイント
被リンク数を増やすことは重要。
ただし、被リンク数の増加だけを目的にしない。
ユーザーに評価された結果として、被リンク数が増えることがBEST


知っておくべき背景:ペンギン・アップデート。


初期のグーグルは、数多くリンクされたサイトを、検索結果の上位に表示していました。これは被リンク数の多いサイトは、多くの人から支持されたのだから上位表示に値する。


ところが現実には、自社で、Webサイトを作り、自分でリンクを増やす。
数百レベルのWebサイトを運営する会社が、リンクを販売する。
相互リンクして被リンク数を増やす。


このように、現実とはかけ離れた、リンク合戦が広まりました。このような状況を改善するのにペンギンアップデートという検索アルゴリズムに変更されました。


ペンギンアップデートは、2012年5月より始まり、バージョンアップが行なわれています。これにより、従来は上位に表示されていたサイトが、急降下するケースが頻発し相互リンクを推奨する方法は影を潜めています。


注目すべき指摘。


ここでは「被リンク数が増えると、ペナルティチェックが入るのでは?」という仮説が提唱されています。グーグルのアルゴリズムは、非公開ですが仮説と見過ごすべきではないと思います。


グーグルが上位表示したいのは、検索ユーザーに役立つページであり、その指標として、被リンク数があります。本来は、自然発生したリンクだけを見たいはずです。


もちろん現実には、自然発生リンクと意図的なリンクを区別するのは困難です。
しかしながら、人工知能の技術進歩は本当に速く、コンテンツの文意や文脈を、完全に把握できるようになってきます。


そうなればリンク元ページに書かれた内容や文脈、さらにはリンクのタイミング等を総合的に評価して、自然発生リンクを正確に識別してくるはずです。


これに備えるためには、ユーザーから評価されるコンテンツを書く。これが最適方法です。検索エンジンが人間に近づく時代が来たということです。


発リンクについて。


発リンクと上位表示については、綺麗な相関関係がある。
グーグルは、ハブになるサイトを重視する。
内部リンク、外部リンクともに、発リンクは積極的に行なう。


発リンクについては、基本的に積極的に行なうべきです。
自分に役立ったページを紹介する。
自分には役立たなくても、ユーザーに役立つなら紹介する。


「ユーザーにとって」を考えた発リンクなら、内部外部リンクとも積極的に行なうべきだと思います。


またこの点に関し、コンテンツ作成の視点から言えば、まとめ記事から書くのが良いかも知れません。テーマで検索して、自分がなるほどと思った記事に、簡単なコメントをつけていけば出来ます。


ページ数について。


ポイント。
ページ数を増やすことは重要。
対象キーワードを意識した、ページを増やすこと。
サイトテーマと無関係なページを増やすことは、マイナス評価の場合もある。


知っておくべき背景:パンダ・アップデート。


ページ数を増やすことは、重要ですが、ここでポイントになってくるのは、サイトテーマとの関連性です。ここをしっかり理解するには、パンダアップデートについて、知っておく必要があります。


パンダアップデートとは、質の低いコンテンツを排除するためにとられた、検索アルゴリズムの変更です。2012年7月より日本でも導入されました。


問題になるは「質の低いコンテンツとは何か?」ですが、この答えは非常に曖昧です。まず明らかに問題になってくるのは、次の4つです。
コンピューターが自動生成したページ。
コンテンツ量に比べ、広告が多すぎるページ。
コンテンツにオリジナリティーのないページ。
信頼性に欠けるページ。


信頼性に欠けるとは、サイトテーマと関連性が低いと判断される場合です。関連性が低いでは、まだまだ抽象的ですが、ここは感覚で掴んでもらうしか、方法がありません。


下記サイトに、グーグルのガイドラインが掲載されているので、参考にして下さい。


Googleの考える「良いコンテンツ」とは?パンダ・アップデート対策


注意する点としては、対象キーワードを意識したページを増やしそれを自分で書くということです。自分の言葉で書いていけばOKです。


用語解説:インデックス。


ページ数については、インデックスとの関係で説明されているので、簡単にインデックスについて説明します。インデックスとは、グーグルがWebページにつけた索引です。すなわち、ページ内容を整理したデータベースから、検索結果を表示する時に使う索引、と思ってもらえば分かりやすいでしょう。


キーワードについて。


ポイント。
同じキーワードを、不自然に繰り返さない。
関連語に置き換える。
共起語に置き換える。


同じキーワードを不自然に繰り返すと、マイナス評価になる場合がある。こう指摘されています。これに明確に答えるのは不可能です。自然体で書いたコンテンツを、キーワードが多と不安に思うのは、本末転倒ですしね。


タイトル文には、必ずキーワードを1語含ませ例えば、「SEO対策の基本、最新版」になっています。その答えを、まとめているのが、本文になります。


このような手順を踏めば、本文には必ず自然な形で、キーワードが出ます。書くべき焦点をキーワードに合わせれば、自然に上手く行くはずです。

ソーシャルの評価について。


ポイント。
ソーシャル評価と上位表示には、相関関係が見られる。
ソーシャルは、ブランド構築として運営すれば良い。
ソーシャル評価と上位表示には、相関関係のあることが報告されています。

PR

検索エンジンはクローラーと呼ばれるロボットプログラムを用いてインターネット上のWebページの情報を収集します。このクローラーがインターネット上を自動的に巡回し、Webページを収集していく作業をクローリングと呼びます。検索エンジンはクローリングで集められたデータをもとに、インデックスデータベースに登録する情報の作成と登録・更新を行います。

インターネットユーザーに対してより良い情報を提供するためには、検索システム全体で限られたリソースを効率的に使うことが欠かせません。特に、インターネット上には膨大なWebページが存在するため、クローリングの作業には多大なリソースが必要となります。そのため、検索エンジンは次のようなクローリング技術を用いて、効率性を高めています。

優先収集を行う。無駄な繰り返しの巡回を減らすため、リンク先に対して巡回の優先順位を決めてクローリングする方法です。クローラーは、ネット上のリンクをたどって自動巡回します。このとき、単純にリンクをたどるだけだと、相互にリンクしているWebページの間で何度も同じ場所を巡回する、クローリングの無限ループに陥ってしまいます。無駄なクローリングは、システムに負荷を生じるだけでなく、クローリングされているサーバーにも多大な負荷をかけます。そのため、途中で巡回を中止するための基準として、リンク先に対して巡回の優先順位を決めているのです。

巡回優先順位
巡回優先順位の決定方法には、主に次のような方法があります。いずれの方法も単独で用いているわけではなく、検索エンジンごとに、いろいろな方法と組み合わせて使用しているようです。

ページの移動回数
起点とするWebに対して、そこからの移動回数を決めて指定回数分でクローリングを終了する方式です。同じページを何度か繰り返したどることがあっても、数回の繰り返しで無限ループに陥る可能性がなくなります。
被リンク数の数をもとにする
多くのWebページからリンクを集めるWebページは、情報の重要性が高いものだと考えられます。そのため、被リンク数の多いWebページを優先的に廻り、被リンク数の少ないWebページはあまり廻らないことで、不要なクローリングを減らすことができます。実際には単なる被リンク数ではなく、リンクポピュラリティが基準として用いられています。 リンクポピュラリティーとは、外部ドメインより自分のサイトへ貼られているリンクの数と質によって、ロボット検索エンジンが自分のサイトを評価をする方法です。
リンクを貼られている数が多ければ多いほど、人気のあるサイトであり、良質のサイトであるという判断基準になります。テーマが同じ場合のリンクは更に価値が高くなります。

HOME
ブログ内検索
バーコード

Copyright © [ SEO対策マニュアル ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]