忍者ブログ
成功するためのSEO対策コラム☆アクセスアップで成功するための情報を記載します。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ホームページを更新することには2つのメリットがあります。 ホームページを頻繁に更新したからといって、検索エンジンでの検索結果が上がるというものではありませんが、古い情報より新しい情報の方が良いので頻繁に更新する事で検索エンジンでの検索結果が上がる期待できません現状維持できます。 ホームページを更新する1つのメリットには、検索エンジンの検索結果で下がりにくくするという点です。

次に、2つめのメリットです。 検索エンジンで表示される検索結果の情報は、検索エンジンロボットというプログラムが日々収集にあたっています。 検索エンジンロボットがその情報を収集してくれなければ、 情報は検索エンジンの検索結果で更新されません。
更新する2つめのメリットは検索エンジンロボットがあなたのホームページに来てくれる頻度を上げる効果があります。

一般的に言われていることは、1週間ずつ更新したホームページでは2日~3日に一度の割合、ずっと更新しないウェブサイトでは1ヶ月に一度程度になるそうです。 新しい情報がすぐに検索エンジンの検索結果として反映されれば、その分だけアクセス数は増え、アクセスアップに繋がります。 自分も頑張らなくてはいけませんね。(笑)
PR

HTMLの最適化をわかりやすく説明すると、「文法エラーをなくす」「情報を簡潔に記述する」「余分な記述を減らす」という3つに分けることができます。そして、これらの作業を行う際の基準となるのが、ウェブの基本技術です。つまり、基本技術に従って文法エラーをなくし、情報を簡潔に記述し、余計な記述を減らすことが、HTMLの最適化というわけです。

この意味で、HTMLの最適化は、SEOならではのロジックは存在するものの、その作業内容の基礎になるものは基本技術であり、特殊なものでもなければ、難しいものでもないのです。

余計な記述を減らす
ページは軽い方がよい、ということは、単にSEOだけの問題ではありません。限られた容量しか搭載しないデバイスへのアクセシビリティの向上や、ナローバンドのユーザーに対するストレスの軽減など、WEB制作者が昔から親しんできた課題の一つです。SEOの施策の上で、余計な記述を減らし、ページを軽くすることは、大変重要な意味があります。

HTMLファイルから余計な記述を取り除くことで、結果的に見出しや本文などの重要度の高い部分のページ内での比率が高まるためです。余計な記述がほとんどを占めるHTMLファイルと、見出しや本文の記述がほとんどを占めるHTMLファイルでは、検索エンジンは後者のほうにより高い評価をします。HTMLの最適化に準拠することで、余計な記述の少ない軽いページを制作することはそれほど難しくないでしょう。

検索エンジンはクローラーと呼ばれるロボットプログラムを用いてインターネット上のWebページの情報を収集します。このクローラーがインターネット上を自動的に巡回し、Webページを収集していく作業をクローリングと呼びます。検索エンジンはクローリングで集められたデータをもとに、インデックスデータベースに登録する情報の作成と登録・更新を行います。

インターネットユーザーに対してより良い情報を提供するためには、検索システム全体で限られたリソースを効率的に使うことが欠かせません。特に、インターネット上には膨大なWebページが存在するため、クローリングの作業には多大なリソースが必要となります。そのため、検索エンジンは次のようなクローリング技術を用いて、効率性を高めています。

優先収集を行う。無駄な繰り返しの巡回を減らすため、リンク先に対して巡回の優先順位を決めてクローリングする方法です。クローラーは、ネット上のリンクをたどって自動巡回します。このとき、単純にリンクをたどるだけだと、相互にリンクしているWebページの間で何度も同じ場所を巡回する、クローリングの無限ループに陥ってしまいます。無駄なクローリングは、システムに負荷を生じるだけでなく、クローリングされているサーバーにも多大な負荷をかけます。そのため、途中で巡回を中止するための基準として、リンク先に対して巡回の優先順位を決めているのです。

巡回優先順位
巡回優先順位の決定方法には、主に次のような方法があります。いずれの方法も単独で用いているわけではなく、検索エンジンごとに、いろいろな方法と組み合わせて使用しているようです。

ページの移動回数
起点とするWebに対して、そこからの移動回数を決めて指定回数分でクローリングを終了する方式です。同じページを何度か繰り返したどることがあっても、数回の繰り返しで無限ループに陥る可能性がなくなります。
被リンク数の数をもとにする
多くのWebページからリンクを集めるWebページは、情報の重要性が高いものだと考えられます。そのため、被リンク数の多いWebページを優先的に廻り、被リンク数の少ないWebページはあまり廻らないことで、不要なクローリングを減らすことができます。実際には単なる被リンク数ではなく、リンクポピュラリティが基準として用いられています。 リンクポピュラリティーとは、外部ドメインより自分のサイトへ貼られているリンクの数と質によって、ロボット検索エンジンが自分のサイトを評価をする方法です。
リンクを貼られている数が多ければ多いほど、人気のあるサイトであり、良質のサイトであるという判断基準になります。テーマが同じ場合のリンクは更に価値が高くなります。

リンクポピュラリティーを高めることがページランクを上げることに等しいため、SEOではとても重要な役割をなしています。ただ多くのサイトからリンクが貼られているから良いというものではありません。数多くリンクを貼られていれば良いと勘違いし、複数のリンク集へ意味のない登録をし、リンク数を上げてもさほど意味はありません。良質なページランクの高いサイトからリンクを貼ってもらうと自分のサイト評価が高くなり、ページランクが上がるという仕組みなのです。リンクポピュラリティーは、「多くの被リンクを集めるページは人気があり、かつ重要なページである」「人気のある重要なページからのリンクは、人気のないページからのリンクよりも重要である」という考え方をします。
通常、誰もが何の意味も持たないサイトへはリンクは貼りませんので、リンクをたくさん受けているサイトは、インターネット上で価値あるサイトであると判断されているのです。基本的に同じリンクをもらうのであれば、関連の無いサイトからのリンクよりも、より関連性の高いサイトからのリンクの方が評価が上がります。
Googleが開発したサイト評価を判断するひとつとして、ページランクがあります。ページランクは0~10まで11段階で評価されています。ページランクが無いサイトは、未だGoogleのデータベースに登録されていないサイトか、Googleに登録されたばかりか、もしくはGoogleから何らかのペナルティを受けたサイトの可能性があります。リンクを貼ってもらう場合にページランク0~1のサイトは再考する必要があるかもしれません。SEOではページランクが全てではありませんが、目安となります。SEO的にリンクポピュラリティーは重要な要素であるということは言うまでもありません。
SEOとは、検索エンジンにより高く評価されるサイトを制作してキーワード検索の検索結果の上位順位を狙う技術や制作手法をいいます。検索エンジンがホームページの中だけを評価して検索結果の順位を決定していた時代には、SEOは単にHTMLをチューニングする技術でした。現在の検索エンジンは、ユーザーの利便性を高めるために実際ユーザーにより支持されるサイトを検索結果の高い位置に表示しようとします。検索結果の順位はサイト本来の実力を反映したものとなりつつあります。このため、現在のSEOは、現実ユーザーに高く支持されるような、実力のあるサイト制作を行う技術や手法にまで発展しています。
ブログ内検索
バーコード

Copyright © [ SEO対策マニュアル ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]